会社紹介
経営理念
業務実績
社員募集

システム開発日記

東西南北

プログラミング作法
Excel講座
Access講座
WindowsAPI講座
C言語講座
VB.NET講座
VC.NET講座
C#.NET講座
中小企業のためのIT構築
ホームページ作成講座

Access講座

MicrosoftOfficeのプロフェッシヨナル版にはAccessというエンドユーザー向けのデータベースソフトが組み込まれています。 個人ではあまり購入されないとは思いますが、企業ではプロフェッシヨナル版がインストールされているケースが多いと思います。 しかし、活用されているのは非常に稀ではないでしょうか? 私の経験では、技術者の多い部署での活用率は高く、事務部門での活用率は意外と低いと思います。 限られた範囲でのワークグループではAccessの機能を十分に生かすことができるため、プロジェクトチームや組織での間接業務に適していると思います。 もうひとつはAccessとExcelを相互利用することで益々便利なツールとなります。

しかしながらAccessというデータベースはあくまでもパーソナル向けということを意識しておいてください。 具体的に説明しますとサーバー上にAccessのmdbを置いて複数のクライアントから利用することには適しておりません。

しかしツールである以上、業務を遂行するための手段であるため、目的となる処理を実現するためのAccessVBAの使用方法は色々あると思います。 そこで、かんたん、わかりやすいを心がけて紹介していきます。

なお、Access特有のオブジェクトを使用しない部分についてはExcel講座の中に作成してあります。

なお、このAccess講座の説明にはAccess2000を使用させていただきます。

右側に付加しているNOが作成順序となっていますが、以下のインデックス順と前後しているところもありますのでご了承ください。

Access操作編

NO.1テーブルをリンクする - 別mdbファイルのテーブルを利用するには。
NO.2起動時の設定方法 - 起動したときに規定のフォームを表示させるには。
NO.3フォームのタブオーダ - 設定方法 - Tabキー操作時のカーソル移動順を設定するには。
NO.4データベースを最適化する - データベースのサイズを小さくするには。
NO.5ユニオンクエリーを作成する - 複数テーブルを結合する。
NO.6テーブルを作成する(1) - テーブルを作成する操作。
NO.7テーブルを作成する(2) - テーブル設計方法。
NO.8帳票フォームのテキストを色分けする - 条件付き書式の使用方法。

AccessVBA講座編

NO.1VBAの登録方法
NO.2フォームを開くためのメニューフォームを作成する
NO.3クエリーを開くボタンをメニューフォームに作成する
NO.4テーブルへデータ入力するときに整合性チェックを行う
NO.5検索条件を指定してクエリーを開く
NO.41構文の Me. について
NO.6VBAでデータチェックを行う
NO.7データチェックのパターン
NO.8検索条件を指定してフォームを開く
NO.9検索条件を指定してレポートを開く
NO.10コンボボックスで入力する
NO.11メッセージボックスを使いこなす
NO.12インプットボックスを使う
NO.13チェックボックスで入力する
NO.35トグルボタンで入力する
NO.14オプションボタンで入力する
NO.29リストボックスで入力する
NO.15単票形式入力フォームを作成する
NO.16アクセスからエクセルを起動する
NO.17エクセルにテーブルデータをコピーする
NO.18別mdbファイルのテーブルを入力する
NO.19VBAが長くなったらプロシージャを使う
NO.20ファイルを開くダイアログボックス
NO.50ファイルを保存するダイアログボックス
NO.49フォルダを選択するダイアログボックス
NO.21ファイルの存在チェックを行う
NO.33フォルダの存在チェックを行う
NO.22処理中断ボタンの作り方
NO.23Accessのデータをファイル出力する
NO.24データベースウィンドウを非表示で実行する
NO.25テーブルデータを変更する
NO.26テーブルにデータを追加する
NO.27テーブルデータを削除する
NO.28トランザクション処理
NO.30テーブルのインポートとエクスポート
NO.31条件付きコンパイル引数を使う
NO.32DoCmdオブジェクトのメソッドを使用する
NO.34リンクテーブルのリンク先を変える
NO.36フォームのタイマーを使用する
NO.37日付を操作する
NO.38フォームを閉じるときに確認メッセージを表示する
NO.47帳票形式入力フォームで削除するときの確認メッセージ
NO.39長い処理のときの待ち画面を表示する
NO.40VBAで帳票フォームのテキストを色分けする
NO.42郵便番号検索(1) - 郵便番号データの説明
NO.43郵便番号検索(2) - 郵便番号データの取得
NO.44郵便番号検索(3) - 郵便番号データの更新方法
NO.45郵便番号検索(4) - 郵便番号データの追加と削除
NO.46郵便番号検索(5) - 郵便番号で住所入力
NO.48フォーム上にグラフを編集する
NO.51データ追加のときの主キーを自動連番にする
NO.52起動時に初期化処理を行う

AccessSQL講座編

SQL.1データを選択するselect文
SQL.2select文でのテーブル連結方法
SQL.3select文でのデータ選択方法
SQL.4select文での並べ替え方法
SQL.5データを追加するinsert文
SQL.6データを変更するupdate文
SQL.7データを削除するdelete文
SQL.8同一構造のテーブルを結合するunion文

AccesVBAでも使用できる関数一覧

AccessVBAで利用できる関数一覧はExcelVBAで利用できる関数一覧を参考にしてください。

知らなくても困らないAccessVBA

AccessVBAで業務作成するうえで知らなくても困らないテクニックを紹介します。 とはいうもののごくまれに要求される場合があるかもしれないので紹介します。 しかし生業としているものには使用する場面が多い、というか必須なので応用できるようになると良いでしょう。

NO.1リストビューでレコード一覧を表示する - ListViewコントロールを使用する
NO.1クラスモジュール(1) - Excel講座より
NO.2クラスモジュール(2) - Excel講座より

AccesVBAでも使用できるExcelVBA講座

AccessVBAとExcelVBAに関してはそれぞれのオブジェクト以外であればそのまま使用できることがあります。 ここに無くてもExcel講座に作成方法を掲載しています。

WindowsAPI一覧

AccessVBAだけでは実現が難しいことでもWindowsAPIを使用すれば実行可能なことはたくさんあります。 ここに無くてもExcelVBAで利用できるWindowsAPI講座に作成方法を掲載しています。