NO.4 セルをコンボボックスにする

セルへ入力する場合にコンボボックスで選択入力できると良いことがあります。 ExcelVBAのNO.11 ワークシートでコンボボックスを使用するで説明した通りですが、Excelにある機能を使用してコンボボックスを使用する方法を説明します。

まずはコンボボックスにしたいセルをマウスで選択し、データ(D)-入力規則(L)...でデータの入力規則ダイアログを表示させます。 また、一覧表などのように縦列全てを設定したい場合はマウスで範囲を選択してから行います。

データの入力規則ダイアログ

次に、入力値の種類(A)にリストを選択し、元の値(S)にダイアログボックスに表示したい値をカンマで区切って入力します。

データの入力規則ダイアログ

コンボボックスを指定してあるセルを選択すると以下の図のようにコンボボックスが現れます。

セルを選択

関連ページへのリンク

なお、データの入力規則やExcelVBAでコンボボックスを作成する場合には

作成日:2005/04/10 更新日:2006/09/10

| HOME | INDEX | | |